草思社

書籍詳細

経済政策で人は死ぬか?
―― 公衆衛生学から見た不況対策
緊縮財政は国の死者数を増加させる! 世界恐慌からソ連崩壊後の不況、サブプライム危機後の大不況まで、世界各国の統計を公衆衛生学者が比較分析した最新研究。
ISBN 978-4-7942-2086-8
定価 2,420円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 320頁
初版刊行日 2014年10月15日
原書タイトル THE BODY ECONOMIC
このエントリーをはてなブックマークに追加
デヴィッド・スタックラー
公衆衛生学修士、政治社会学博士。イェール大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学などで研究を重ねる。オックスフォード大学教授を経て、現在イタリアのボッコーニ大学教授。著書にSick Societies: Responding to the Global Challenge of Chronic Diseaseがある。
サンジェイ・バス
医師、医学博士。オックスフォード大学大学院にローズ奨学生として学ぶ。スタンフォード大学予防医学研究所助教などを経て、現在はプライマリケアに関する公益企業Waymarkの共同創業者。
橘明美
英語・フランス語翻訳家。お茶の水女子大学卒。訳書に、スティーブン・ピンカー『人はどこまで合理的か』(草思社)、ジェイミー・A・デイヴィス『人体はこうしてつくられる』(紀伊国屋書店)ほか。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する
電子書籍