草思社

書籍詳細

若い読者のための 第三のチンパンジー
―― 人間という動物の進化と未来
たった1.6%のDNAの違いが、人間と他の生き物のとてつもない違いを産み出した? 「人間とは何か」を問い続けるダイアモンド博士の問題意識がこの一冊に凝縮!
ISBN 978-4-7942-2175-9
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 352頁
初版刊行日 2015年12月18日
原書タイトル The Third Chimpanzee for Young People
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャレド・ダイアモンド
1937年ボストン生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。進化生物学者、生理学者、生物地理学者。アメリカ国家科学賞受賞。著書『銃・病原菌・鉄』(草思社)でピュリッツァー賞、コスモス国際賞受賞。同書は朝日新聞「ゼロ年代の50冊」第1位に選ばれた。他に『人間はどこまでチンパンジーか』(新曜社)、『セックスはなぜ楽しいか』(草思社)などの著書がある。
レベッカ・ステフォフ
秋山勝
立教大学卒。日本文藝家協会会員。出版社勤務を経て翻訳の仕事に。訳書に、マイク・アイザック『ウーバー戦記』、サイラグル・サウトバイ『重要証人』、パンカジ・ミシュラ『怒りの時代』、リチャード・ローズ『エネルギー400年史』、ジャレド・ダイアモンド『若い読者のための第三のチンパンジー』、ジェイミー・バートレット『操られる民主主義』(以上、草思社)、ティム・ウー『巨大企業の呪い』、ジェニファー・ウェルシュ『歴史の逆襲』(以上、 朝日新聞出版)など。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する

電子書籍