草思社

書籍詳細

クレプトクラシー 資金洗浄の巨大な闇
―― 世界最大のマネーロンダリング天国アメリカ
国や国民の金を横領するクレプトクラシー(泥棒政治)。その汚れた金を「洗浄」する最大の拠点はアメリカだった。詳細な調査報道によって暴かれた戦慄すべき現実。
ISBN 978-4-7942-2598-6
定価 3,080円(本体2,800円)
判型 四六判
頁数 488頁
初版刊行日 2022年09月05日
原書タイトル American Kleptocracy
このエントリーをはてなブックマークに追加
ケイシー・ミシェル
ニューヨークを拠点に活動するアメリカ人ジャーナリスト。ライス大学を経て、コロンビア大学でロシア・東欧・ユーラシアに関する研究で修士号を取得。マネーロンダリングをはじめオフショア口座、ペーパーカンパニー、国外からの政治介入を関する調査報道を行い、『ワシントン・ポスト』『フォーリン・アフェアーズ』『アトランティック』などの主要メディアに寄稿している。ワシントンの非営利シンクタンクであるハドソン研究所のクレプトクラシー・イニシアティブの諮問委員会のメンバーでもある。
秋山勝
立教大学卒。日本文藝家協会会員。出版社勤務を経て翻訳の仕事に。訳書に、マイク・アイザック『ウーバー戦記』、サイラグル・サウトバイ『重要証人』、パンカジ・ミシュラ『怒りの時代』、リチャード・ローズ『エネルギー400年史』、ジャレド・ダイアモンド『若い読者のための第三のチンパンジー』、ジェイミー・バートレット『操られる民主主義』(以上、草思社)、ティム・ウー『巨大企業の呪い』、ジェニファー・ウェルシュ『歴史の逆襲』(以上、 朝日新聞出版)など。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する