草思社

書籍詳細

傷つきやすいアメリカの大学生たち
―― 大学と若者をダメにする「善意」と「誤った信念」の正体
暴力を伴う講演妨害、教授を糾弾し罵倒……。なぜ彼らは暴挙を振るうのか? キャンセルカルチャーやポリコレ問題の背景を知るための必読書。全米ベストセラー。
ISBN 978-4-7942-2615-0
定価 3,080円(本体2,800円)
判型 四六判
頁数 464頁
初版刊行日 2022年12月05日
原書タイトル The Coddling of the American Mind
このエントリーをはてなブックマークに追加
グレッグ・ルキアノフ
教育における個人の権利のための財団(FIRE)の会長兼CEO。アメリカン大学とスタンフォード大学ロースクールを卒業し、高等教育における言論の自由と憲法修正第1条の問題を専門としている。著書にUnlearning Liberty: Campus Censorship and the End of American Debate and Freedom from Speech(自由の学習棄却:キャンパスでの検閲とアメリカの議論と言論の自由の終焉)がある。
ジョナサン・ハイト
ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネス教授(倫理的リーダーシップ論)。1992年にペンシルバニア大学で社会心理学の博士号を取得後、バージニア大学で16年間教鞭をとる。著書に『社会はなぜ左と右にわかれるのか:対立を超えるための道徳心理学』(紀伊國屋書店)、『しあわせ仮説:古代の知恵と現代科学の知恵』(新曜社)がある。
西川由紀子
大阪府生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科修了。ITエンジニア、青年海外協力隊(ベリーズ)を経て翻訳家に。訳書に『理系アタマがぐんぐん育つ 科学の実験大図鑑』(新星出版社)、『人に聞けない!?ヘンテコ疑問に科学でこたえる!どうしてオナラはくさいのかな?』(評論社)など。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する